使っているだろう金額と、実際に使っている金額の乖離を認識する

そもそも借金を返済できないくらい、月々の収入から出費してしまう事が問題なので、
まず、月々に必要だと思う金額と、実際に自分が使っている金額を完全に認識する必要があります。

そこで、1週間単位で使う予定のお金を封筒に小分けにします。
食費に7000円、お小遣いに3000円などなど自分が今使ってると思う金額で設定してみます。

ですが、お金の管理ができていない人はたいていの場合、「自分が使っているだろうと思う金額」と、
「実際に自分が使っている金額」に差ができていると思います。
あれっ、足りなくなった。と思う事も最初のうちはしばしばだと思います。

そこで初めて、自分がお金を使い過ぎていた。という事実を認識できます。
そこまで確認できたらきっともう大丈夫。次にお金を決めた金額以内で抑える努力をします。

外食1回、娯楽1回まどをがまんするだけで大きく変化が見えてくると思います。
少しずつ楽しくなってくるかもしれません。
必要なお金を1週間単位で必要なぶんだけ銀行からおろすようにしておけば
1か月後に残った金額は全て余裕資金になりますので、早期の返済も可能です。

この方法だと、自分がどれだけ毎月貯蓄できるかの見極めもできるようになるので、
次に何か購入したい、必要な資金があると思った時には、借金をして手に入れてから返すのではなく
先に資金を用意してから払えるようになると思います。

P1060348

現状を見つめていくことで

まず、これは私の友人が借金したときのアドバイスですのでご了承を。
友人は仕事も安定の収入を得ることのできる会社に勤めています。
その中での借金返済方法です。

P1060347
しかしギャンブルにはまりこんでしまい3ヶ月で300万円ほどの借金ほどしてしまいました。この時彼と少しでも借金を早く返せるようにと二人で話をしました。そして決めた事が2つあります。まず1つ目。必要なもの意外を全て断つことです。ここで大事なのは必要なものを間違えて必要では無いものとして考えてしまわないことです。例えば食事です。お金がないからと言って抜くのは決してダメです。あくまでも身体が資本なので病気になってはもともこもありません。何度も言いますが必要なもの以外を見つけて下さい。
必要では無いものの例を挙げていきます。友人は車通勤でしたが自転車通勤に切り替えました。携帯のネットサービスも無くしました。なぜなら必要では無いからです。確実にカットできるものはカットする、これは早く返せることまたは安定して返す事ができるようになるための基礎となります。
次に大事になるのはメンタルコントロールです。まずこれは借金を返すことではなく借金を返した後の事にフォーカスをしぼります。
借金を返済することって楽しいでしょうか。
そんな人いませんよね。ですのでストレスをかけ過ぎない為にも返済後の目標を立てることをおすすめします。なんでもいいんです。ご飯を食べに行く、旅行にいくなど。
これがあるかないかだけで気持ちにゆとりができたと友人は言っていました。
この2つ当たり前だと思う人もいると思います。
ですが、この2つなくして返済できるものはありません。
友人はこの2つを守りしっかり返済をしました。
まだまだ返済方法はたくさんあるとおもいますがこれにて終わらさせていただきます。

我慢して借金を減らす努力をする。

P1060346

借金をしてしまった場合、一括なら楽になるのはすぐなのですが、毎月返済だと少し辛い思いをすると思います。毎月+αを支払わないといけないので、長ければ長いほど支払い総額はまったく別物になります。
借金をなるべく早く返すのが、借金を減らす努力の一つだと思います。生活面では食料を節約することや、たまに見かけますが借金をしているのに娯楽に行くこと、喫煙などお酒をやめることなどがあります。
喫煙をやめることが一番辛いと思いますが、せめて1日2~3本まで落とすなど、量をかなり控えればマシにはなると思います。やめられるならやめたほうがいいです。そうして浮いたお金を借金の支払いに使えば、短期に返すことが多少は可能になります。全額返済を早めにすることが第一だと思います。
利子で支払う量が増えてしまうので、できることなら親族や友人に立て替えてもらい、少しプラスした金額で返すのもいい方法だと思います。多額の借金になった場合、元本も減らせずにずっと支払い続けるというのを聞いたことがあります。
もし親族や友人から立て替えてもらうことができなくて、借金を返すのが辛い場合、弁護士に相談してみましょう。無料で相談に乗ってくれるところもあるので試してみてもいいかも知れません。

P1060340

家の中の生理整頓で臨時収入

P1060344

借金を減らすには返済する額を増やします。額を増やすにはやはりお金が必要になります。
今回はちょっとしたお金の作り方です。
最近、テレビCMでも見かけるフリーマーケットや、ヤフーオークションなどを利用し、家の中の生理整頓がてら売ってしまいましょう。
そんなに売れるような物などないと思われるかもしれませんが、案外自分が必要でないものでも需要がある場合があります。
例えば、卵の殻。いつもは生ゴミで捨ててしまいますが、これも売れます。卵のからはカルシウムが豊富で、ペットの餌として需要があるのです。ただし、洗ってすりつぶし、乾燥させる手間はかかります。この手間が売れるのです。
他には、ブランド物の袋です。女性は紙袋で見栄を張ったりします。ちょっとした贈り物を入れる袋や、荷物が多いときの鞄代わりに利用するのです。ブランド物のバックは買えないけれど、袋をつかいたい女性にうれるのです。
最後に、使いかけの香水です。
一度封をあけて使ってしまってある物。箱を捨ててしまった物でも大丈夫です。
香水を使ってみたいけれど、自分の好きな香りか試してみたい人が購入してくれます。
このように、一見売れないだろうと思われる物でも売れたりするのです。
もしかしたら、押し入れにお宝が眠っているかもしれません。
捨てずに売ってみるのも一つの手だとおもいます。

決断する勇気が一番大切!

カードのリボ払いって結局は小さな借金なんですよね。
一度旅行に行ったときにちょうどセールでブランドものを買いました。

日本に帰ってきてびっくり、予想以上の金額で払えなくて月1万のリボに。
返済に2年半ほどかかりました。利息の怖さを思い知りました。

その時に実践したのがカードの上限を最低にしたこと。
今までと同じだけ使用していたら1万円おおく請求が来た時に
払えなくなる可能性がありました。魔法のカードと呼ばれるくらいです。

私もまんまとカードのとりこになってしまい、使用頻度が毎月増えてしまっていました。
自己管理が上手でないのにカードを使いすぎてしまうので毎月返済に追われる羽目に…

なのでいっそ使えなくしてしまえばと考えて行動に移しました。
3枚持っていたカードも1枚にして、さらに限度額をさげる。

最初はとても不便でした。すぐ利用可能額にいってしまうし
使いたいときに使えないですし。でも同時に自分のお金使いの粗さを実感し反省しました。

だんだんとこの生活になれてくると本当に必要なものだけを購入るうようになり
お金に余裕ができるようになりました。貯金というものができるようになったのです。

あの時決断して、すこしの間苦しんだけど今はさらに裕福な生活ができているので
自分に感謝しているくらいです。お金もたまらずにでも使いすぎているという人は
いっそのこと自分を追いつめてみたら私のようにいい方向に展開するかもしれません。

P1060343

少しでも使う金額を減らして

私は一人暮らしをしているのですか、生活の中でどうしても使わなければいけないお金はたくさんあります。
光熱費やガソリン代ケータイ代などなかなか節約するのは難しいのですが、私が一番節約しやすいのは食費だと思っています。
まずはお菓子やジュースなど、買わなくていいものは極力買わないようにすること。これをすると節約できるだけでなく、体にもいいしダイエットにもなります。
次に、もうすぐなくなるからと冷蔵庫のものがまだ終わらないうちに次の新しいものを買わないようにする、です。ストックはしていると安心ですが、買ったものがあるからとたくさん使ってしまいがちです。完全になくなるか、次で終わってしまうギリギリまで待って買い物に行くようにしています。そうするとこれがなくても他で代用できるのでは、と考えたり、これがなくても特に困らないかも、と思うようになり、時間が経つにつれて冷蔵庫の中は最低限のものだけになっていきます。
最後の節約ワザは人とのつながりです。私の職場では、両親や祖父母の年代の人が多いのですが、一人暮らしをしていると言うと、家で余った野菜や貰い物のお菓子を分けてもらえることがあります。お返しも定期的にすることでさらに仲良くもなれます。
確かにお金は大切で、全てのことを我慢すればそれなりの額を節約できると思いますが、コツコツと無理せずできる節約をしていくことで、長く続けられ、使わないお金を増やしていけると思います。

P1060336

お金の使い方を見直す。

私は人生において借金をせずに死にたいという想いでここまで生きてきました。端からこの価値観だと確かに悲しく切ない思いもします。しかし自らが実験台となる覚悟で、使う量を減らすという気持ちで常にいると、きっと借りなくても済む生活スタイルになると思います。

P1060327
母は醤油の一滴もお金出して手に入れたのだから、醤油の出し方ひとつにしても注意深く気をつかうようにと教えてくれました。電気も小まめに消す、不要な用事のため外出しない、寒ければ厚着をするなどきっと身の回りにはお金を無駄遣いしなくてもいいと思われる手段や状況が残っているのではないかと思われます。
不思議なことに節約のススメ的な番組が減ったことが残念で仕方ありません。生活を送る上での知恵を開示、情報提供する場面はもっと増えてもいいのではないかと思うのです。学生時代にもそういった節約志向の学びを経験したか、しないかでは大いに差が発生すると思い、幼少期の過ごし方でどうやったら適切な範囲での使用、無駄遣いしなくても済む使用方法を指導教える学びはあっても良いと思うのです。
大人になってからは生活のことを振り返り、改善をする余裕はなかなかないと思われますが、子供時代の経験そしてより良い知恵はいざというときに乗り越える方法を教えてくれるのではないと思います。以上で発表を終わります。

楽してお金は手に入らない。

私も借金をしたことがあります。今は全て返済できていますが、私が返済中に実践していたことを今日は言いたいと思います。まずは、仕事。
昼間のお仕事だけでわなく、夜も働いてました。いわゆるダブルワークです。しかし、朝から夜までずっとお仕事をしてしまうと、体力的に持ちません。そこで私は、いかに短時間でなおかつ時給が良いところがないか探しました。私が住んでいる所は田舎なので、あまり夜の働き口がないのですが…。友達に聞いてみたりハローワークに行ってみたりと必死でした(笑)結局、友達の紹介で時給1150円のパチンコ屋の掃除に行くことにしました。家からも近いのでガソリン代もそんなにいらないし、過去にパチンコ屋の掃除のバイトをしたことがあったので、そこに決めました。毎日22時~0時で、休みはパチンコ屋が休みにならない限り休みはありません。とにかく早く返済したかったし、毎日といっても2時間程だけなので頑張りました。パチンコ屋の給料を返済に全て回しました。返済するのに1年もかかっていません。
ちなみに、今は貯金にはまってしまい未だにパチンコ屋のバイトに行ってます。
借金をした時に親に言おうか迷いました。しかし、女一つで私を育ててくれた母にはどうしても言い出せませんでした。借金したのはあくまでも私。母に迷惑はかけられません。
私はとりあえず、がむしゃらに働いて借金を返しました。

P1060326

無駄をなくして借金を減らす!

なかなか、今の生活レベルから下げることは難しいものです。
でも、一ヶ月の支出を明確にすることにより、そこからいらないものをなくしたり、減らしたりすることは可能なので、まずは毎月のランニングコスト、何にいくら使っているかを洗い出してみましょう。
基本的なところで、光熱費の節約。日頃の心がけで、節電、節水、節ガスで簡単に1~2割くらいは減らすことができるはずです。電力会社の契約アンペアを下げる方法で、基本使用料も下がるので、電力会社に聞いてみて判断するのがいいですね。
あとは携帯代金の節約。スマホが主流になった今、携帯の時に比べて使用料が高くなったはずです。たくさん通話する人は定額プランにする、楽天電話やLINE電話などを使う方法、メールを多く使う人はLINEやカカオトークなど、無料SNSを使ったりして、一ヶ月に使用料を抑えると良いので、契約している会社のショップに行って料金プランの見直しをするのをお勧めします。

あとは、食費や交際費の節約。
自分の食費は、外食をひかえて家で作って食べる。料理が苦手な人でもスーパーの総菜の見切り品など安くすませる方法もあるので、それだけでも外食よりは割安です。交際費は、なるべくお金のかからない遊びを考えるのと、飲みに行くのなら家飲みなど、買ってきて飲むなどが効果的です。
以上のことを無理せず意識すれば、1~2万、うまくいけば3~5万の節約も夢ではありません。
少しでも無駄をなくして、早期借金返済しましょう!

ギャンブルで作った借金

私の元彼は、金遣いが非常に荒かったです。
普通のサラリーマンでしたが、実家に暮らしていたので人並みに暮らせば貯金も出来るしボーナスも出ていたみたいなので、遊びや旅行も行けるはずです。

そう人並みに暮らせばの話ですが。
その人は、パチンコやパチスロが大好きでした。私は、自然散策などが好きなのでたまには、海を見たり山に登ったりしたいと言うと落ち着かないと言います。

結果、仕事帰りにはパチンコ、休日も暇があればパチンコ、ゲーセン、または服も好きだったので高い服を買っていました。

一度、常連の洋服屋でつけみたいにして買っていてひきました。

色々あり、一度別れたのですが連絡があり詳しく聞くと消費者金融系の借金があり2人で貯めていたお金を返して欲しいとのこと。書き留めですぐに送りました。

毎月、機会にお金を入れて返済するみたいなのですが、ただ決められた金額を返しているようでした。

私も、借金はしたことないから詳しくは分からなかったのですが、親が住宅ローンは繰上げ返済をすると元金に充てられて早く返済が終わると話していたので軽くアドバイスしました。

普通に、返していると利息が高いほど利息分しか返済されずなかなか元金が終わらないからと。

しかし、そんなお金はないみたいでその後どうしたか分かりませんが、借金をしたらとにかく余分な余暇は我慢して早く全額返済することだなと思います。

P1060324